junpeichibaのブログ

様々な分野について書きます。特に学術や日々の出来事など

英語学習で悩んでいる人へ


1. 目的
 英語学習についてより効率的な学習方法を定めるため


2. 英語に対する偏見
 英語に対する偏見といえば
・メディアの影響からかできるとその人は才能がある。
・途中で挫折してしまう
・面倒くさい


3. 従来の学習方法(一般の学生がしていると思われる方法)
 ひたすら単語を覚えたり文法を長時間かけて勉強している


4. その問題点
・単語をそのまま覚えても話す時に使用する事があまり現実的ではない
・文法に時間をかけても英語圏におけるカタコトの英語しか喋れない


5. 効果的英語学習に関する参考文献のそれぞれの内容
 英語は音から学ぶべきものでそのメカニズムは赤ん坊が言葉を覚えるのと同じ方法をとるべきである。特に英文法はまだ解明されてないこともある。
「英語は逆から学べ」より
 コミニュケーション能力とは単に意思が伝わるだけでなく美しくなければならない。
「SEED」より
最初から難しい英語長文に挑戦するメリットは大きい。
「世界に通用する一流の育て方」より


6. 本の考えの要約
・英語は聴覚気管からの学習が効果的で重要度が高い
・コミュニケーション英語は美しいことが大切である。
・難しい英語長文からの学習効果は高い。


7. 自分の考えも交えた効率的な方法
 最初は単語の暗記や文法の学習も大切だがそこに重きをおいてはならない。特に大切なのは英字新聞や英語の本など難しい長文に挑戦することである。スピーキングに関してはskypeやALTなどを利用したり、勉強した長文を音読することによって補うことができる。さらに、同時並行で1日3から5時間のリスニングをすることも効果的である。以下のように多角的に学習することが大切である。


9. 実践方法
 最初に文法を学習する。ここでは問題が出題されると思うがすべて答えを見てしまっても良い。なぜならば数学や物理とは違い問題の解き方に詳しくなっても仕方ないからである。次に単語、しかしこの段階でまだあまり多くの単語を覚える必要はない。なぜならば次に行う学習で自然に学習できるからである。この二つにあまり時間をかけることはお勧めしない。次に英字新聞または英書を解読する学習を行う。すべての学習においてのポイントは英語を日本語に返さず学習することである(トータルエマルジョン方式)。この重要性は学習したことが脳内で日本語の枠に捉えられないようにするためである。さらにこれには大きなメリットがあって日本語脳と英語脳を分けることができることができる。これによりスピーキングやリーディングの時に頭の中で余計な時間をくうこともなくなる。さらにすべて音読することも大切である。同時並行で3から5時間のリスニング(TEDや参考書類の付属CDなど英語を聞くこと)をすることが望ましい。


10.考察
英語の効果的な学習方法は常に進化し続けるものだと考える。


11.感想
楽しく考えることができたし、勉強生活にも役立つテーマだったので是非活用したいと思う。