junpeichibaのブログ

様々な分野について書きます。特に学術や日々の出来事など

喉の違和感が治らない人へ

喉の違和感が治らない場合は内科、耳鼻科で診てもらいましょう。必要だったら胃カメラや喉を見てもらう必要があると思います。

私はBスポット治療でだいぶ良くなりました。

 

簡単な自己紹介から始めたいと思います。

私は小学校の時以来、喉の違和感と格闘してきました。喉の違和感はもちろんそれに付随して違和感を感じた時に異臭を感じるようになりました。それを周りから指摘されるのでどうにか直さないといけないと思いました。

今思うと無駄なことですが結局治らず中学校に突入し散々な学生生活を送りました。

結局喉とそれに付随した異臭に関して悩みすぎて精神疾患になりました。不安障害という病気です。意識した時だけ喉の違和感が発生し、異臭が発生するので精神的な病気だとは途中で気づいていましたが、精神科に行ったのは高校2年の頃。もうその時には精神はボロボロになりMMPIという心理検査(病気傾向を調べる)では信頼値を除く全てが異常値という結果でした。精神科に初めて行って病名をもらった時にはとてもホッとしました。しかし喉の違和感はヒステリー球だねと言われ漢方薬抗精神病薬抗不安薬など様々な薬を飲んで治ることを期待しましたが治りませんでした。

内科や耳鼻咽喉科に行って胃カメラやなどを見てもらったりしましたが異常はなく、むしろ原因が見つかって欲しかったです。(辛すぎて)精神科に通うにつれ精神面が回復してきたためいろいろなことを考えれるようになりました。きっと現代の医療では治せない病気なんだろうと諦めていました。しかし精神科を変えた時から変わり始めました。

その精神科では今までの精神科とは違い一生懸命先生が頑張ってくれてある病院を紹介してくれました。仙台にある堀田修クリニックさんです。ここはBスポット治療というものを行なっている先進的な病院です。(全国にBスポット治療を行なっている病院はありますので詳しくはお調べください)

早速堀田クリニックに行き一旦検査することになり血液検査、尿検査、舌圧検査、自律神経検査など様々な検査を行いました。どれも異常はなく、また何もつかめずじまいかと思っていたら先生に多分上咽頭のところに炎症があると言われ診療台(ベット)に寝るよういわれました。長めの綿棒を入れるよと言われ、はいと快諾したところ喉のところに激しい痛みが…。綿棒が赤く染まりビックリして飛び起きると上咽頭炎だねーと言われました。やっと原因が見つかった私は歓喜しました。痛すぎて驚きましたが。堀田先生に君は今までたくさんの精神科薬を飲んできたかもしれないけど不安障害じゃなくなるよと言われました。嬉しくて泣いた覚えがあります。これから朝夕2セット綿棒を自分で入れて治療してと言われて病室で指導を受けながら練習しました。結構簡単なのですぐできるようになりました。そして一年半喉の違和感は大半が改善し、よほどのことがない限り発生しなくなりました。まだ完全になくなったわけでは無いのでこれからも治療を続けていきます。